CRIMSON/GANG's blog @America's Cup

「既存の選択肢にとらわれない方法を示す」を理念に活動するRowing Teamです。CEO:Yuki Kasatani

チョコボールには、銅のエンゼルってのは無いらしい。

子供の頃、チョコボールのおもちゃの缶詰を欲しがっていました。当時はインターネットがなく、おもちゃの缶詰の中身については全く情報がありませんでした。「手に入れると、きっと凄いものが入っている!」という期待感がすごかったです。

親からお小遣いをもらうと、すぐにチョコボールになりました。積極的に周囲の大人のお手伝いをして、さらにお小遣いを稼ぎつつ、チョコボールを買い続けました。

おもちゃの缶詰を手に入れるためには、金のエンゼルなら1枚、銀のエンゼルなら5枚必要です。銅のエンゼルはありません。金は銀の5倍価値があり、金と銀以外には価値がないということでしょうか。少なくとも、当時の筆者にとって、金が目標であり、最低でも銀を欲していました。それ以外はゴミでした。(チョコボールは美味しく食べていましたが)

やっとの思いで金のエンゼルを手に入れた時、気分は最高潮でした。さっそく金のエンゼルを貼って応募し、念願のおもちゃの缶詰を手に入れました。期待に胸を膨らませつつ中身を見ると、子供心をくすぐるおもちゃでいっぱいでした。でも、すぐに飽きてしまい、友達に少し自慢した後、兄弟や友達にあげてしまいました。

 

思い返すと、本当に価値があったのはおもちゃの缶詰そのものではなく、「おもちゃの缶詰を手に入れたら、すげーんだろなー!」というワクワク感を持って過ごした日々でした。情報も知識もない子供ならではの高揚感であり、今の時代ならグーグル先生に聞けば情報をくれるため、それほど高揚感は得られないでしょう。

 

今回の全日本選手権では3位になり銅メダルをもらいました。チョコボール的にも、アスリート的にも、全くダメな結果でした。それでも、今回の全日本に向けてクルーを組んでくれた相方や監督、コーチ、その他支援してくれた皆さんと一緒に全日本の決勝で戦えたことはとても貴重な思い出です。今年のクルーは、最初ダブルを組んだ時点ではシングルスカルで漕いだほうが速いんじゃないかってくらいスピードが出ず、大会毎にシートを入れ替えたりと、苦労の多かったクルーです。漕ぎのスタイルが合わないことから、リギングの数値についてもかなり試行錯誤しました。そうするうちに、気がついたらM4+にも勝てるぐらいには艇速が出てき始め、今回の結果に至りました。改めて思い返すと苦労が多い道のりでしたが、明るい相方のおかげもあり楽しめた道のりでした。

優勝できたらどれほど嬉しかっただろうか。IT革命で情報が氾濫している世の中ですが、肝心なことは自分自身で経験しないとわかりません。

 

選手としては全く満足できておらず、次の和歌山国体での活躍に向けて引き続き頑張ります。一方、CRIMSON/GANGの創設者としては、JPOWERへの吸収合併があったものの、なんだかんだで良かったと思っています。一部界隈では、Henley Royal Regattaへの派遣もささやかれていますが、「JPOWER&C/G」の物語は一旦お終いです。