CRIMSON/GANG's blog @America's Cup

「既存の選択肢にとらわれない方法を示す」を理念に活動するRowing Teamです。CEO:Yuki Kasatani

年末年始のタイ遠征 by CRIMSON/GANG -1章- アウェイの洗礼

(タイでは様々な出会いと別れ、トラブルがありましたが、ボートとは微塵も関係ないためそれらは割愛します)

タイに着いて4日目の12/31大晦日。遂にこの日がやってきた。タイ代表選手との並べである。周りの日本人旅行者達は健全な観光を楽しんだり、ムフフなお店で用を足したりする中、宿泊先の安ホテルのプールで泳いだり、街中をランニングしたりして並べに向けた調整に励む。すべてはこの日のために。。。。

 

尚、今回Worldwideな広い心で筆者一同を迎え入れてくれるのは2014年の戸田のAsian Rowing Cup Ⅰに出場していた写真の選手(以下、タイ選手)であり、現在タイで一番2,000mエルゴを回す選手とのこと(記録の記載は自重しますが、日本の基準だと結構回すほうかなって感じ)

f:id:crimsongang:20150111195007j:plain

この日は大学の後輩(♀)が合流する日であるため、タイ選手と一緒に空港で待ち合わせ。こちらの拙い英語でのコミュニケーションにより待ち合わせ場所が二転三転しつつも、なんとか後輩と合流し、遂にメンバーがFull Complete。

ここからRowing Camp(合宿所)に向かいますが、バスで3時間半程かかるとのこと。タイでは日本以上にボートが普及しておらず、Rowing centerと呼ばれる施設は国で一箇所のよう。そして、他にちらほらボートの施設があるものの、わずか1、2艇置けるぐらいの施設とのこと。

 

ランチを軽く済ませ、いざタイ代表の拠点があるRowing Campへ。15時半にバス(という名のハイエースサイズの車)に乗り込み、期待に胸を膨らませます。

「着くのは19時頃かー、流石に今日は漕げないかなー」と考え事をしながら、待つこと30分。バスが動き出す気配が無い。何かがおかしい。

「ボート選手を名乗る彼は実は人身売買人であり、これから怖いお兄さんたちがやってきて我々は売りに出されるのではないか。。。」という行き過ぎた妄想が脳裏を過ぎる中、タイ選手に事情を確認してみると、

「今は乗客が僕達しか乗っていないから、他の乗客が揃って合計9人にならないと出発しないよー」とのこと。

「あ、なるほど!いっぱい載せた方が一度に大勢が移動できて効率的だからね!それなら他の乗客が来るまで待たないといけないね!」と納得。

 

【朗報】納得してから60分後(乗車から90分後)、フルキャパの9人を乗せて出発。

もはや完全に大晦日乗艇は完全に諦め、ガタガタと車に揺られ移動。かの有名な「朝の埼京線」に匹敵するレベルで詰め込まれている中、揺れが次第に大きくなってくる。

「そろそろ舗装されていない道に入ったのかー、まだバンコクなんだけどなー」と思っていると、揺れが尋常でないレベルに達する。日本の遊園地では味わえないExcitingな乗り物と化した車内では、乗客がざわつき始め、運転手と助手が明らかに焦っている。その後、路肩で一時停止。

 

【悲報】パンク発生により約40分の足止め

(ちなみに「タイ 車検」で調べてみると、タイの車検は検査時間5分・書類作成10分の簡単なお仕事のようです)

運転手のおっちゃんの懸命な修理作業後、バスは再出発。流石に眠気が襲ってきたため、こっからは得意の睡眠タイム。。。

 

気がつくと周囲は真っ暗になっており、ほとんど人気が無い道になっていました。帰りの方法を心配しつつ、時折車内から見える不思議な人達の集まりをぼんやり観つつ、やっとバスは我々の目的地へ到着。

 

いい感じに明かりのある場所(バス停とはとても言い難い)から、タイ選手の友達の別選手が迎えに来てくれるという格別の待遇(年末年始にわざわざ日本からやってきた物好きな我々に対して本当によく接してくれました)。なんでも、タイ選手とその友達が年末年始もRowing Campで合宿しており、今日は大晦日の宴会をしているとのこと。

 

他愛も無い会話をしている中、タイ選手の友達の車がやってきました。とてもExcitingな運転を楽しみつつ約10分後にRowing Campに到着(深夜11時過ぎ)。既に宴会も終盤になっていたようですが、筆者達を大変温かく迎え入れてくれました。Rowing Campにはコックさんとその助手2名も宿泊しており、美味しいタイ料理をご馳走になりました。尚、写真に写っている以外にもう2匹(合計3匹)のわんちゃんも当然のように宴会に参加しています。

f:id:crimsongang:20141231211406j:plain

クラブミュージックが鳴り響く中、拙い英語とジェスチャー、表情、リアクション等を駆使し、言葉の壁を乗り越えながら場に溶け込みます。

 

もちろん、ボートの話題でも盛り上がります。なんでも、タイ国内の大会ではシングルスカル(500m・1,000m)、ダブルスカル(500m・1,000m)の4種目しかないようです(筆者が出るとすればダブルで500mの一択です)。また、記録の話になると、エルゴは筆者が勝っていたのですが、シングルスカルの2,000のベストタイムだと負けていました。「か、風の影響とかあるからね・・・・」と負け惜しみを言いつつ、ボートの話題を通じて初対面の人達と盛り上がれることに不思議な喜びを感じました。

 

その後、日本に遅れること約2時間。ようやく年越しを迎えました。みんなで年越しの花火(ハリーポッターの魔法みたいなやつ)をして新年を祝います。素敵な年越しにしてくれた皆さんに本当に感謝です。

「明日はいよいよタイでボートが漕げるのかー!!!」と期待しつつ、異国の地での初漕ぎに臨むべく床に就きました。

つづく