CRIMSON/GANG's blog @America's Cup

「既存の選択肢にとらわれない方法を示す」を理念に活動するRowing Teamです。CEO:Yuki Kasatani

ちきちきクルー紹介

別ルートで多数御質問頂いている現クルーメンバーを紹介します。尚、筆者はストロークです。

 

バウ:F川氏(東京大OB)

奈良県の生んだ鬼才。一度会ったら忘れない程のインパクトを持つ漢。高校時代は陸上部に所属。独特のフォームから繰り出される漕ぎは他の追従を許さない。大学4年時には付きフォアで全日本3位になった実力の持ち主。

大学4年の全日本後からはコーチに従事していたものの、約2年半のブランクから今年3月にチームに合流。なまった身体鍛え直し、学生時代を遥かに凌駕するパフォーマンスを身につけた彼は、抜群のキャッチとドライブの安定感で艇を支えまくるクルーのキーパーソンだ!

 

2番:S名氏(法政大OB)

群馬県の生んだ鬼才。随所で男の興味を引いてしまう漢。高校時代からボート部に所属。現クルーの中で最も長い漕歴の持ち主であり、鍛え抜かれた鋭敏な感覚による艇との圧倒的なシンクロ率は他の追従を許さない。大学卒業後も地道なトレーニングを継続し、今年は遂に全世界のRowerが憧れる「Henley Royal Regatta」に出漕。昨年度は三菱BCにて現クルーの3番と共にM2-で全日本6位入賞した実力の持ち主。

昨年度の全日本後、2014年はクルーの拡大を考えていたため、CRIMSON/GANGに合流。今尚天井知らずの成長を続ける彼は、艇とクルーの動きを感じ取り、引き締め役としてクルーを鼓舞しまくるクルーのキーパーソンだ!

 

3番:H山氏(京都大OB)

熊本県の生んだ鬼才。マイペースな漢。高校時代は空手部で心身を鍛錬。何事にも動じない精神力は他の追従を許さない。2番と共に昨年度のM2-で全日本6位入賞。学生時代にはインカレM8+で2位に輝いた実力の持ち主。

クルー編成後、まさかの名古屋転勤。普通の選手であればクルーを諦めてしまうような逆境を乗り越え、毎週名古屋と戸田の往復を欠かさない。そんな彼は現在、肋骨の疲労骨折と腰痛という更なる逆境を乗り越えるべく格闘中。どんな逆境があろうと愛するボートのために前進し続ける彼は、ストロークとの抜群のコンビネーションで艇のリズムを刻みまくるクルーのキーパーソンだ!

 

COX:K夏氏(法政大OB)

大阪府の生んだ鬼才。人当たりの良い漢。高校時代もボート部に所属し、COXとして経験を積む。口八丁手八丁な彼はどんなクルーでも手中に収めることが可能であり、学生時代には様々な団体から構成される国体選抜クルーを見事に纏め上げチームに貢献。昨年度、CRIMSON/GANGのCOXとしてM2+で全日本優勝。

飴と鞭を用いてクルーを鍛え抜き、迷走しがちなクルーの方向性を正す役割を担う。様々なクルーを纏め上げた実績を持つ彼は、勝負所を見極め、勝利に導くコールを入れまくるクルーのキーパーソンだ!

 

様々なバックグランドを持つメンバーで完成度の高いクルーを作り上げるのは大変ですが、学生時代にはなかった醍醐味があります。まだまだ発展途上ですが、本番では確り良い漕ぎを出します。