CRIMSON/GANG's blog @America's Cup

「既存の選択肢にとらわれない方法を示す」を理念に活動するRowing Teamです。CEO:Yuki Kasatani

Try Again

19日土曜日の国体近畿ブロック予選ではとても珍しい体験ができた。

第一レースは1300発艇の予定だったものの、雷の影響と藻の除去作業のため、「1時間延期します」という連絡が1時間毎にあった。大阪選抜クルーの大部分は京大艇庫付近にある監督のマンションにてだべっていたため、延期によってモチベーションが下がることがなかったものの、シングルスカルに出場するメンバーは、何回もWarm-UpとRace-Upをすることになり、大変そうだった。。。正直、大会運営側も相当焦っていただろう。しかし、流石に藻がコースに浮いている中でレースをするわけにはいかず、最終的には1730スタートとなった。しかも、「少しの藻は我慢してほしい」と運営側が公式に発表する等、つっこみどころも満載だった。。。

付きフォアは1840発艇の予定となったため、Race-Upを開始。今年は磐石のバウサイド2名が不在であるものの、まずまずの艇速を表現できた。意気揚々とレースに向けて準備をしていると、レーストラブルによる再レース等もあり、付きフォアのレースは1900過ぎになりそうだった。。。「あー、琵琶湖の夕日綺麗だなー」と眺めていると、「日没になったので、今日のレースは今行っているものを最後にします。残りのレースは別途行います」とのアナウンスが。運営側の人たちが一番大変だったと思うけど、選手側もかなり振り回された一日でした。。。

 

とはいえ、学生とくだらない話で盛り上がり、近江牛食べて、国体のクルーで質の高い練習ができて、最高の4連休でした!レースは26日の土曜になったから、また会社休んで突撃します。

f:id:crimsongang:20140721210343j:plain