CRIMSON/GANG's blog @America's Cup

「既存の選択肢にとらわれない方法を示す」を理念に活動するRowing Teamです。CEO:Yuki Kasatani

結婚ラッシュ

最近は周囲の人からの結婚報告が多い。筆者も大学2年生ぐらいまでは、10代で結婚してボートの傍らで子作りに励み、4年のインカレで娘に「お父さん頑張れー!」って言われたいなーという妄想染みた考えを持っていたが、最近はめっきり独身派である。ボートやりつつ、今後のキャリアに向けた自己研鑽もやりつつの中で、「女性とよろしくやりつつ」に労力を割くつもりは無い。そもそもモテない。また、結婚する周囲の人たちに対しては「『年頃になれば、懇ろな異性と結婚する』という社会通念に、なんとなく支配されて結婚しているのでないか」と思うこともあるため、自分はそんな流れに惑わされることなく、自分の信じる道を進もう。

 

本業のボートでは、来月の戸田レガッタに向け愛艇「Red Brave」によるシングルスカルでの練習をすることが多いが、日曜の朝はM4+でトレーニング。なんかもう各自の動きがバラバラ過ぎて泣けてくる。。。「艇を感じよう」「逆サイドを感じよう」って、学生時代に何度も言われ続けたことではあるけど、やっぱクルーボートの肝は「ユニフォーミティー」って基本に立ち直らないといけない。練習後のミーティングでは「ストロークのリズムも艇の動きも感じられない」というコメントも出たが、「五感をフルに使って感じよう。まずは感じようとする意識が大事」ってな結論になったから、今後の練習からは、みんなで感覚ビンビンで漕げるように自分もコンディショニングも含めてきっちりしていこう。疲れが取れやすい寝具も探してみようかな。